日曜日と月曜日が雨という最悪のパターン

桜もすでに葉桜となり、それでも土曜日はかなり暖かく、最後のお花見をぎりぎり楽しむ人も出ていました。

ですが、日曜日はもう肌寒くて雨の一日。あ~あこれで休みが終わりで、桜も終わってまた現実世界に戻るのか~と思ういつもの「憂うつ日曜日の午後」パターンになりました。決定的にイヤだと思うのは、「キンコンカ~ン♪タラララララ~NHKのど自慢」のテーマ音楽が流れるとき、それに夜の大河ドラマですね。

そして、月曜日が雨という予報で一気に憂うつが倍増しました。この番組の時間帯はおそらく物心ついてから全く変わっていないので、多くの日本人の曜日感覚に共通するものとして君臨しているはずだと思います。

日曜日の午後の憂うつとは正反対に、金曜日の午後の心の軽さも確かにありますから、プラスマイナスでバランスは取れているのでしょうね。