英国でも通用すれば本物だろう

UEFAの年齢制限ルールに抵触するとのことで、1年以上も公式戦に出れず、もうスペインにいても見込みがないということでバルサを退団するしかなかった13歳の和製メッシとも言われた才能豊かな少年は、残念ながらもはや海外でのプレーを諦めて日本でプレーするしかないのかなと思ってました。

ところがアーセナルやM・シティーから声がかかっているとの噂が急に出たのでびっくりしてしまいました。

しかし当然だろうとの思いもあります。

数日前、東京や横浜から声がかかってるとの話を聞いたばかりだったので、プレー環境の劣化は仕方ないかなと半ば諦めかけていた彼にとっても朗報でしょう。

スペインがだめならイングランドがあるさです。

どこからも引っ張りだこなのはその高い才能が評価されてのことでしょう。

どちらのクラブ行こうが海外で日本人がどれだけ伸びていけるのかを証明してもらいたいですね。

テニスの錦織選手はアメリカ育ちですが、彼を越えるくらいやってもらえれば後輩も続きやすいと思います。