オブジェと化したメガネケース

私はブランド品を好み、それもハイブランドと呼ばれる高価格帯ブランドを愛してやまない者です。

仕事は中小企業のサラリーマンをしており、地位的なものは主任程度なので給与水準は中程度なのですが、ブランドの虜になっています。

その好きなブランドの1つでヴィトンがあり、私はヴィトンのモノグラムのメガネケースを購入しました。

そして直近に迫る誕生日で、プレゼントで何が欲しいかを家族に聞かれた際に、私は沢山のブランド物を列挙していたんですね。

そこで愚かな事に、ブランドのメガネケースもいいなと言っていたことを忘れていて、メガネケースが2つもある状態になってしまったんです。おっちょこちょいとはまさにこの事です。ブランド品は小物であれ洋服の上下がセットで揃うほど、高価ですからね。

そこからメガネケースが私の部屋にオブジェのように壁際に立て掛けている現状です。この前友人が遊びに来た時、洒落てるな君の部屋はと苦笑いされてしまった私です。