管理薬剤師に転職を成功させるには

管理薬剤師をご存知ですか?ピンとこない人もいるでしょう。薬剤師の人も仕事をしていれば薬剤師転職を考える事もめずらしくはありません。そこでここでは管理薬剤師とはどんな仕事をするのかと管理薬剤師の転職について解説します。

・管理薬剤師

管理薬剤師とは簡潔に言うならば、薬局や店舗などで現場を監督する人の事を言います。管理薬剤師の仕事は大きく言うとスタッフの管理や医薬品などの管理です。管理薬剤師の勤務先には調剤薬局やドラッグストアなどの他にも医薬品の製造・販売拠点も含みます。

・管理薬剤師の利点

まずは給料が増える事です。管理薬剤師の手当は職場で違いはありますが、月に2万円から8万円は貰えます。年収で計算するとずいぶんな額になりますね。次に役職が上がる事です。一般的にはサラリーマンの場合ですと年次に比例して何かしらの役職がつくものです。例えば課長や係長など。でも薬剤師にはこのような役職はありません。ですから薬剤師の中にはその事に不満を持つ人もいるのです。そんな薬剤師の世界の中で管理薬剤師は数少ない役職です。こういった役職がつく事にやりがいを持つ人もいるでしょう。

・転職を成功したいなら知っておきたい事

まずは部下がいない職場がある事です。管理薬剤師には部下の薬剤師がいると書きましたが部下の薬剤師がいない、場合もあります。つまりは薬剤師一人でがんばる職場です。調剤の助手や事務スタッフはいますが、管理薬剤師で一人薬剤師という環境では精神的な負荷がかかるのは仕方ありません。また、管理薬剤師への転職を希望する時には離職率は低いので薬剤師求人サイトなどをうまく活用しましょう。管理薬剤師になりたくてもなかなか求人に出会わない事があります。場合によっては調剤薬局の内部募集によって管理薬剤師の穴埋めをする事があります。ですからいきなり仕事をやめるのではなくて、続けながら転職活動をした方が良いでしょう。それから管理薬剤師という役職でも一般の薬剤師と仕事内容が変わらない事がある事は知っておきましょう。責任者としての管理薬剤師がいなくなる事で業務に支障が出るので、緊急で採用するケースが少なくありません。そのため名目だけで良いからと採用されてしまう事もあります。そのような場合には給料の面であまり高望みはできません。また仕事内容も一般薬剤師と大差ない事もあります。管理薬剤師になる事で人生経験としてはプラスに働く事もありますが、管理薬剤師を募集する事情は様々なので採用された後にガッカリしないようにここに挙げた事は知っておきましょう。うまく転職を成功したいなら薬剤師求人サイトで担当に付く専任のコンサルタントに相談しながら探すと良いでしょう。