学生時代の初めての接骨院

学生時代サッカー部に所属していたのですが、部活の最中に足の甲を捻挫してしまい、その後湿布薬や鎮痛剤などを使用しながらだましだまし練習を続けていました。

しかし、1ヶ月以上経っても症状が良くならず一度整形外科に行って診察もしてもらいましたが、それでも良くならず本当に困っていました。

そんな時に地元の岸和田 整骨院で治療を受けることになりました。初めての接骨院でしたが正直あまり期待はしていませんでした。しかし病院とは雰囲気も治療法も全く違う事に驚きました。

まず、超音波で骨の状態を見てどの部分にどのぐらいの治療が必要かを診断します。そしてそれに対して、マッサージ・電気などの治療を受けました。最初の1.2回はそれほど変化は無かったのですが、通院するにつれ徐々に症状も良くなり、2週間ほどで完全に足の捻挫が治りました。

あの時にしっかり治してもらったおかげでその後もサッカーを続ける事が出来たと思います。本当に感謝しています。