博多駅で道に迷いました

博多駅を利用するのは実質的に今回が初めてです。

大昔に通過したけど、その頃とは駅が全然違っていました。

まず、駅の出口が大きく分けて2つあるのはわかっていました。

表と思われる博多口と、筑紫口です。新幹線を降りて、まずホテルに行くためにバス停を探さねばなりません。

途中で数回、係の人に道を聞きましたが、ざっくりしか教えてくれないため、いつまで経っても着きません。

やっとなんとかバスターミナルに着きました。

でもそこは、予約のホテルに行く乗り場ではありませんでした。

すでに駅に着いて30分も経っています。キャリーも引きずっているので本当に疲れます。

次なる目当ての乗り場へは、更に外に出て数分は歩きました。

やっと目当ての乗り場についたものの、今度はどのバスに乗るのかわかりません。

最終の行き先は当たってるけど、系由先を間違うととんでもなく時間がかかります。

買ったお弁当が傷んでは困ります。これ以上うろうろしても時間の無駄だから、急遽タクシーに変更することにしました。

タクシー乗り場も混んでいましたが、5分待ってやっとタクシーに乗り込めました。

運転手さんが親切だったので、迷った苦労がちょっと報われてやっとほっとしました。