いよいよ明日はバイトの面接です

明日、バイトの面接が決まりました。場所もよくて、服装自由ではないですけど、制服貸与だし、作業服だし、結構いいなと思って面接に望みます。その気になれば、徒歩25分の職場だし、何かと便利です。しかも、自分が好きな運送業ですからね。

ハローワークを見ると、確かに仕事、いわゆる求人数は多いのですが、いつも同じ求人が出ていることも多く、ダミーはかなりい多いです。また、滅茶苦茶評判の悪い求人も多く、とりあえず出しとけみたいな求人が増えています。同様に、民間のアルバイト求人サイトでも、同じ派遣会社が数コマも取っているケースがあり、検索する側からしたら、いつも手間で迷惑です。

最近は、マスメディアが、労働不足と言いますが、本当に不足しているのは、都市部の介護・保育、そして、条件の悪いアパレルや飲食ぐらいだと思うのです。アパレルや飲食関係は、勝ち組と負け組が顕著です。しかも、名ばかり店長とシフトのバイトで構成されており、全然勤続年数が伸びない仕組みになっています。

少子高齢化の日本において、労働力不足が指摘されていますが、非正規で賃金を下げて、しかも色々と押し付ける職場ですから、そうなるのも当然に思います。