思い出のタピオカミルクティー

若い頃、タイのバンコクで働いていた頃によく飲んでいたのが、屋台の黒いタピオカが入っている、あまーいミルクティー。

先日ちょっといいスーパーに乾燥の黒タピオカが売っていたので購入してみました。

一晩(約8時間以上)水につけて、それを1~2分茹でるみたいです。作り方が書いていたのでその通りに作ってみました。

甘いミルクティーに入れて飲んでみしたが、モチモチ感が出ませんでした。ネットでいろいろ調べて見ると黒砂糖と一緒に茹でると味も染み込んで、もっちりなるんだとか。それを信じて、ゆでてみると今度は大成功。モチモチ感がアップしました。

ミルクティーもこだわって、スパイスティーの茶葉からチャイに近い濃厚なミルクティーに仕上げました。

それに甘味をプラスして、黒タピオカを注いで……。おいしーーーーーい!ちょっとエキゾチックな大人のタピオカミルクティーに仕上がりました。

これを飲むと若い頃の自分を思い出します。屋台で飲んでいたのが懐かしい。タイのはとっても甘いので、慣れないタイ語で「甘さ控えめにしてください」と緊張しながら言っていたのを思い出します。屋台のおばちゃんとも顔見知りの仲もなりました。今では屋台も少なくなってきているみたいです。おしゃれなカフェなどで飲めるみたいですね。

黒タピオカは冷蔵の他に、冷凍保存もできるので普段ドリンクにできるよう、常備しておこうと思いまーーす!