復讐代行で探偵に依頼する際に注意するポイントとは?

現在、複雑な時代になっており、人間関係がますます難しくなっています。その中で、今注目を集めているのが復讐代行というものです。これは探偵などに依頼し、本人に代わって復讐してもらうというものです。例えば、社会的な制裁を受けるとか辱めを受けるというようなことを指します。とはいえ、探偵などに復讐代行を依頼する際にはどのような点に注意するべきなのでしょうか。今日はそのいくつかのポイントを記したいと思います。

まず最初に大切な点はその探偵がしっかりとした認可を得ているかどうかということです。実は探偵業を営む場合には地域の公安委員会に届け出る必要があります。そして許可証というものが発行されるのです。ですので、まずは気になる探偵会社があるのであればそこがしっかりと公安委員会の許可を得ているかを確認しましょう。簡単な方法は直接聞いてみることです。実際に許可番号や書面を見せてもらうこともできます。

次に注意したいポイントは全国に営業所があるといううたい文句です。確かに全国に営業所があるほうが信頼しやすいと思います。しかし、中には実際には全国に事務所があるわけではなく、電話の転送サービスなどを利用して、あるように見せかけている業者がいますので、注意しましょう。また、大手の事務所だからとか全国に展開しているというだけで必ずしも信頼できる探偵とは限りません。それに比例して調査力が高いとは限らないからです。それで、大切なのは打ち合わせのときです。どれだけこちらの意図を把握してくれるか、また様々な方法を提案してくれるか、さらには過去の実例を引き合いに出して調査方法のメリット、デメリットを説明してくれるかが重要です。

3つ目に注意したいポイントは、料金が不明瞭という点です。探偵の場合にはどうしても調査内容によっては、事前に予想していたよりもお金がかかる場合があります。それで、注意したいのは着手金がゼロとか、成功報酬制を前面に出している業者です。こうした業者の場合にはもしかすると、調査をずるずると延ばされて、結局は成功しなくても調査費だけ請求されるという場合があるからです。むしろ、大切なのは調査の前から適正な料金とその内訳をしっかりと説明してくれる業者です。