久々のお料理で戸惑う

私は以前から料理をよく作っていたのですが、最近は仕事に追われる日々と言うこともあってなかなか料理を作ることができませんでした。

ですがたまにはちゃんとしたご飯が食べたいと思い、休みの日に料理を作ることにしたのです。

とは言っても、久々の料理なのでレベルが高いものをいきなり作る事はちょっと困ったので、得意料理の照り焼きを作ることにしました。

以前はレシピを見ずに何でも作れる自信があったのですが、久々に作ってみると調味料の分量が感覚的にもわからなくなってしまっており、以前どのように味付けをしていたのか思い出すのに苦労しました。

しかもお肉を焼いているときに焦げ目がついてしまい、お世辞にもあまりおいしそうに見えないものになってしまいました。

ですが実際に食べてみると、やっぱり作った料理はとてもおいしいものです。自分で作ったものではありますが、買ってきたものを食べるよりもちょっと美味しく感じ、久々に誰かに料理を振る舞ってあげたいとも思うようになりました。

そこからはなるべく忙しくても自炊するようになったのですが、相乗効果で食費が少し安くなったのも料理を作るようになった点でのメリットです。