今年の「ミニ家庭菜園」事情です

自宅の横に小さいながら花畑と野菜畑があり、私どもは「ミニ・ミニ家庭菜園」と名付けて楽しんでいます。なんせ夫婦2人で生活しているので楽しみながら野菜でも収穫出来ればそれで満足です。家内が花畑の係りで、私は家庭菜園係です。例年通り雪解けが進みミニ菜園も例年通り順調にスタートしました。でも、例年とは少し違うことに気が付きました。一番初めに収穫できるのはアスパラですが、最初の10本程度はまあまあの大きさでしたがその後が続きません。

昨年の秋には堆肥を多目に入れて今シーズンの収穫を楽しみにしていましたが、その後も細い物がポチポチ収穫できる程度です。街のスーパーでも例年並ぶ大きいアスパラが見あたりません。知り合いの農家の方に聞くと昨年の大雨でアスパラの根が傷み、秋に養分をタップリ貯める事が出来なかったと話してくれました。

我が家のアスパラ畑も昨年の大雨で根が傷んでいる様です。もう今年の収穫は諦めて根を掘り起こし来年に備える準備をしました。それ以外にもキュウリやミニトマトの苗を10本程度移植しましたが、どうも成長の具合が例年より遅い様です。土壌の性か天候が悪い性か分かりませんが、今年の家庭菜園事情は複雑です。でも手を掛ければそれだけ応えてくれるので、これからに期待したいと思っています。