創作的?チョコレートせんべい感想

おせんべいが大好物です。以前に比べると、マヨネーズ味やサラダ味といった、カタカナ風味のものよりも、シンプルなしょうゆ味・塩味といった和風の味わい志向に移りつつあるものの、好きな食べ物の一つであることに変わりはありません。

 

先日、知人から変わったおせんべいをもらいました。小さなおせんべいの上にチョコレートがコーティングしてあり、ドライフルーツやナッツがトッピングされているのです。和菓子ほどではありませんが、私はチョコレートもドライフルーツ・ナッツも好きなので、「意外性のある組み合わせだけど、案外マッチして美味しいんじゃないかな?」と、かなり期待して食べてみました。

 

ところが…。口中でよく味わってみても、やはり「合わない」という感覚が否めませんでした。かなり名の知れた老舗メーカーの製品で、お値段もけっこうするものと思われるのですが、いくつか口にしても「やっぱり、チョコレートはチョコレートで、おせんべいとは別に食べた方がいいんだけどなあ…。」という、残念な余韻に終わったのです。

 

アイディア自体は面白いですし、好んで食べる方もいるとは思われます。ですがおせんべいというものの「デフォルトの味わい」が浸透してしまっている私には、受け入れがたいものでした。自分がかなり保守的な大人になってきつつあるのだろうか、とも感じています。