近所の63歳おばさまが婚活の末めでたくご結婚

実家の近所に昔から仲の良いおばさんがいたのですが、その人が先日63歳で結婚したそうです。ご主人はもうだいぶ前にご病気で亡くなってしまい、一人息子さんはすでに独立しているので、実家の隣のお家にお一人で住まわれていました。聞くところによれば、なんと1年ほど前から結婚相談所に登録して地道に婚活をしていたそうなんです。やはり一人住まいは寂しいということで、残りの人生を誰かと一緒に支えあって過ごしたいという願望が強かったといいます。登録した結婚相談所は中高年向けでしたので、同じような動機の方も多く、わりと気楽に婚活ができたらしいです。登録から1年ほどして、やっと気の合う男性と巡り合うことができ、さらに1年ほどお付き合い。そこは死ぬまで一緒の伴侶を選ぶのですから、かなり慎重になったといいます。そして双方が納得の上で同居、結婚に至ったとのことです。
今はとても幸せと聞きました。中高年になってから新しい幸せを求める方にも、十分にチャンスはある世の中なのですね。