パパ活アプリって言うんだって

パパになる人に共通する職業は、やっぱりお金と時間に余裕がある職業ですよね。

一般にお給料が高いとされている職業は、士(サムライ)系ですが、お医者さんや弁護士などは、安定して女の子からも人気があります。
もちろんお金をもらえさえすれば、パパ活としては成功なのですが、女の子も慣れてくると、そのお金を得るまでの質とかにもこだわり出します。

つまんないケチなおじさんと、ファミレスに毛の生えたようなところで食事して、Hして~の2、3時間を過ごすよりは、自分ではとても行けないような高級な場所に連れて行ってくれる方が、同じ時間を過ごすにしても断然素敵ですもんね。
そしてパパ活をする子たちは、だいたいそういう子たちでグループになっているので、そこで情報交換をしたり、時にはパパをシェアしたりもしています。
そんな時に、自分の時にはどこどこに連れて行ってもらったとか、ちょっと自慢できるんですよね。
だから人気があるのは、ただ値段が高いだけの焼肉とかよりは、予約の取りづらいフレンチとか、いちげんさんお断りの料亭なんかは自慢になります。
ま、おまけみたいなものですけど、女の子はどんなとこでもマウントを取りあってしまううんですよね。
サガですかね。

そんな恵まれた?パパ活をしてる子は、大体六本木や銀座のキャバクラやクラブでバイトをしているような綺麗な子が多いのですが、え、こんな普通な子が?っていう子も意外とパパ活していることがあります。
そういう子は、パパ活アプリと呼ばれるような、出会い系とかマッチングアプリを使ってますね。

定期パパ1人からもらう金額相場は、意外と高くないです。
大体が忙しかったり若いわけじゃないから、1か月に多くても2、3回しか会いません。
食事代別で1、5~2万円くらいです。時給換算すると6千円くらいだから、高級キャバクラの時給と同じくらいです。
それが月3回で5万円くらいだから、割の良いバイト感覚ですよね。
ただ、定期パパになるということは、お互いにそこそこ気心が知れているのでやっぱり楽だし、相性も悪くない間柄なので、キープして他の子には紹介することは少ないです。
細く長く繋ぎたいので。
でも、やっぱり3年以上は聞いたことがないですけれど。そこまでいくと愛人ですよね。
パパ活と愛人には差があるのかなと思います。