ベトナム人労働者について

昔では本当に見ること自体がまれでしたが、日本でも外国人労働者が地方で働く姿をみることが珍しくなくなってきました。
ニュースなどでよく放送されている、職を求めて日本へやってくるベトナム人技能実習生などは有名です。また特定の技能を習得してから日本にやってくるベトナム人の高度人材の需要も高まっています。

来日してくるベトナム人実習生の姿を見ていると「わざわざ遠いところから技術を学びに来ていて偉いな」と感じます。
ですが、ベトナム人はちょっと夢見がちなところがあると思いました。

儲け話が好きで、特に実際に成功した人を見たり聞いたりすると、リスクを考えず、儲け話に飛びつきたくて仕方がなくなるようです。
リスクを考え行動するのが遅くなり、チャンスを逃してしまう日本人とは逆の考え方です。

例えば、あるベトナム人が「不動産投資が儲かる」と聞いた途端、今までやっていた仕事をパパッと辞めて、実習生の仕送り金を使い、投資をしてみましたが全然元が取れなかったというケースを聞いたことがあります。

ベトナムと日本の社会の大きな違いは、日本は長期的視点で不確実性を嫌い、仕事に昇進、やりがいを求める社会です。
ベトナムは短期的視点で不確実性は気にせず、雇用の保障や周りとの関係性を重視する社会です。

「不確実は気にしないけど雇用保障して下さい」というと、なにか変に聞こえます。
ですが、日本とは違いベトナムは共産主義国です。

労働法で厳しく労働者が守られているため、無茶な要求でも通るのでしょう。
ですが、失敗やリスクを恐れずチャレンジする精神や、行動力は日本人も見習ったほうがいいと思いました。
ジョブホッピングを何度も繰り返すベトナム人の働き方をみていると、ひとつの会社にしがみついて我慢を重ねて働く日本人の姿に疑問を感じてしまいます。
ジョブホッピングは「職を転々と変える」という表現になります。

転職ばかり繰り返しているというイメージは、日本だとあまりよい印象をもたれません。
ですが、我慢に我慢を重ねて過労で倒れてしまうよりは、働き始めて「自分にはこの職場で働くのは無理。次に行ってみよう」と即決し、初日で辞めるフットワークの軽さが必要だと感じます。